カリフラワーのポタージュの作り方です。カリフラワーって普通の野菜の中では結構お高いですよね~。
 でも、たまーに、あれっ?てくらい安くなってる時があります。そんな時は普段お高くとまっているカリフラワーをポタージュにしてしまいましょう^_^

 これからのカリフラワーの季節にあったか~いポタージュを。
 今回の記事はちょっと初の試みです。何が?
Karipota

スポンサーリンク

カリフラワーのポタージュの材料

[材料]
カリフラワー           適量
玉葱     カリフラワーの半量くらい
バター              適量
ブイヨン             適量
(水と顆粒、固形のブイヨンでも)

牛乳               適量
生クリーム            適量
塩                適量

カリフラワーのポタージュの作り方

 ポタージュの分量は毎度のことですが適量です。
Karipota2
今回ポタージュにされるカリフラワーたちです。写真自体はもうずいぶん前に撮ったものなのですが、多分安かったんだと思います^_^


スポンサーリンク



 まずはカリフラワーの掃除(下処理)からです。緑のガクを手でポキポキ折ってはずします。
Karipota3

カリフラワーの芯の部分を包丁でくり抜きます。
Karipota4

Karipota5
こんな感じです。

これを手でポキポキ折って小房にします。大きい房のものは下から包丁で切り込みを入れて
Karipota6

手で裂きます。
Karipota7

全体が 何となく同じサイズになるようにします。
Karipota8

そしてカリフラワーを茹でます。塩を入れた湯が沸いたところにカリフラワーを入れてサッと茹でます。
Karipota9

カリフラワーを軽く茹でることで、青臭さを抜きます。茹でたらザルなどにあげておきます。

カリフラワーの処理をしながらというか、する前に玉葱を炒めます。艸のポタージュの作り方ではもう定番ですが、ポタージュを作る野菜の半量の玉葱を切って炒めます。

玉葱の繊維に垂直にザクザク切ったものを少量のバターでじっくりと甘みが出るまで炒めます
Karipota10

玉葱が甘みが出るまでしっかりと炒まったら、軽く茹でたカリフラワーを加えます。
Karipota11
カリフラワーもサッと炒めたら、ひたひた強のブイヨンまたは水と顆粒や固形のスープを薄めに入れ 、下味の塩を少々加えてカリフラワーが柔らかくなるまで煮ます。
Karipota12
とは言ってもこの量作ると、沸くころにはもカリフラワーは写真のようにグズグズになっちゃうんですけどね^_^

カリフラワーが柔らかくなったら、粗熱をとってミキサーにかけます。
Karipota13

で、漉します。
Karipota14

しっかり冷ましたら、カリフラワーのポタージュの素の完成です。
Karipota15

このカリフラワーのポタージュの素を鍋にとって温め、少々の牛乳と生クリームで伸ばし、塩で味を整えます。

カリフラワーのポタージュは冷製も美味しいと思いますが、やっぱりちょっと寒くなりはじめたくらいがカリフラワーの季節ですもんね~

あ、今回何が初の試みかと言いますと・・・・・・電車の中から書いているのです!毎日、通勤に往復3時間半。この時間を使わないのは勿体無いのだ~!!(^O^)/