生ハムのペーストの作り方です。簡単で、美味しいペーストです。簡単で美味しいのでついついお店(SOU)で多用していました^^;

ワインのおつまみに、パーティのオードブルに活躍できるやつだと思います^_^

Namahamup


スポンサーリンク

生ハムのペーストの材料

生ハム        100g
ヨーグルト       40g
生クリーム      60g
ニンニク        少々

黒胡椒          適量
オリーブオイル    少々
メルバトースト    要るだけ

生ハムのペーストの作り方

この生ハムペーストは、とってもシンプルなので、使う生ハムによって出来上がりの味が大きく変わってきます。味が変わってくるだけでなく分量もかなり違ってくると思います。

一応分量を書いたのですが、これはあくまでも艸が使った生ハムに対しての分量です。
料理の本とかブログとかの分量とか作り方を簡単に信用してはいけないのです^_^

今回、艸が使った生ハムはこれです。
Namahamup2
スペインのハモンセラーノとかイタリアのプロシュートとかいう本格的な生ハムではなくて、水分多めの柔らかいお値段的にもお手軽な生ハムです。⇒トッピング生ハム


スポンサーリンク



ではでは作り方です。まず、ヨーグルトの水分を抜きます
Namahamup3
こんな感じに下から、ボール、ザル、キッチンペーパー、そして結構多めのヨーグルトをのせてラップをして冷蔵庫で一晩置いておきます。

Namahamup4
生ハム、生クリーム、水気を切ったヨーグルトをフードプロセッサーにかけていきます。

まずは生ハムだけをかけます。
Namahamup5

ガーーーーーーッと回して
Namahamup6
こんな感じに生ハムがぐっちゃになったら、生クリームと水気を切ったヨーグルトを入れます。
Namahamup7
入れたら、フラッシュ(押してる時だけ回るボタン)を使ってちょっとずつ回しながら、生ハムに生クリームと水切りヨーグルトを入れていきます。

ペースト状になったら、状態と塩気をみます。まだちょっと固くて塩気が強いようなら、生クリームでのばします。塩は強いけど固さはいいなら、水気を切ったヨーグルトを足します。
ちなみに、パレタセラーナ(前足で作った生ハム)の切り損じでも作ったのですが、こちらは生ハムの水分が少なく、塩分は強かったので、ヨーグルトと生クリームはかなりの量が入りました。柔らかいペースト状になっていい塩加減になるくらいまで入れました。

いい感じの美味しい生ハムペーストになったところで、ニンニクのすりおろしをちょこっとだけ加えます。
Namahamup8
苦手な方はもちろん入れなくていいのですが、このニンニクをちょっといれることで、全体が引き締まると言いますか、お店っぽくなると言いますか、まあちょっといいんです。

ニンニクを加えてさらにちょっと回したら、
Namahamup9
何か適当な入れ物にいれて保存します。上からラップをピチッと落として表面が乾かないようにしておきます。完成です!!

メルバトーストに好きなだけ塗って、黒胡椒をガリガリ、EXVオリーブオイルを少し垂らしてほうばってください^_^

使う生ハムに対しての生クリームとヨーグルトの分量を押さえておけば、あとはガーーーーーーーーッと回すだけなので簡単でいいですよね。

あ、前の日にヨーグルトの水気を切らなきゃいけませんね~f^_^;)
豆腐みたいに押しをして強制的に水分を抜いてもいいかもしれません。