ドライカレーの作り方です。

 RESTAURANT 艸SOUをやっっていた時の唯一のご飯もの。パスタが20種類くらいあるのに、なぜか”ドライカレーの店”と呼んでいるお客さんもいるくらい、実は隠れた人気メニューでした。

 ドライカレーってカレーピラフみたいなカレー味のご飯のタイプのものと、ウェットなカレー挽肉を白いご飯に混ぜながら食べるタイプのものがあって、今回のドライカレーはウェットなドライカレーの作り方です。

 艸が学生の頃(25年前!)にアルバイトしていたバーで教わったウェットなドライカレーを是非お試しください〜。

ドライカレーの作り方




ドライカレーの材料

[材料](約40人前)
玉ねぎ   2kg
人参    300g
ニンニク  60g
生姜    60g

牛挽肉   1kg
豚挽肉   1kg

サラダ油  適量

白ワイン  適量

《合わせ調味料》
カレー粉S&B  200g
塩        30g
砂糖       40g
黒胡椒    ミル10回

ハインツ ビーフコンソメ 1缶
ケチャップ   180cc
ウスターソース 90cc
醤油      90cc
はちみつ    70cc

———————

生クリーム   100cc

レーズン    適量
揚げ玉ねぎ   適量
イタリアンパセリ 少々

らっきょう甘酢付け 適量




ドライカレーの作り方

 上の分量は40食くらいの分量です。ので適宜調整してください。とは言ってもやっぱり10人前(4分の1)くらいはまとめて作ったほうがお肉や野菜の旨味がしっかり出て美味しくできるような気がします。

 まずは、材料の話から。

 カレー粉はS&B(ヱスビー)のカレー粉を使っています。カレー粉です。カレールーではありませぬ。

ヱスビーのカレー粉

 ヱスビーのカレー粉は、けっこう辛いです。ので、辛いのが超苦手という人は量を減らしたり、他のカレー粉を使ったり、自作のカレー粉(いつか書きたい)を使ったりするといいかと。

 ハインツのビーフコンソメというのはこれです。

ドライカレーの作り方

 2倍濃縮された缶詰のコンソメで、多分820gのこのサイズしかありません。これを使うのが、僕が教わった時の作り方ですが、どこにでも売っているものでもないので、800ccのお湯に35gの顆粒のコンソメでも代用できます。

 その他のケチャップ、醤油、ウスターソース、はちみつなどは、おうちにあるもので問題ないと思います。

 さて、野菜をみじん切りにします。分量が多いと包丁で切るのは大変なので、フードプロセッサーで回しています。玉ねぎはマメにゴムベラではらいながら、ちょい回しを繰り返して、おろし玉ねぎにならないように気をつけて回します。

 切った野菜、お肉、合わせ調味料です。

ドライカレーの作り方

 合わせ調味料は、全部合わせちゃってもいいんですけど、僕は粉状のものと液体っぽいもので分けて量っています。

 大きめの鍋にサラダ油を少々入れてニンニク、しょうがを炒めていきます。弱火でじっくりと。

ドライカレーの作り方

 ニンニク、生姜がきつね色になってきたところで、人参、玉ねぎのみじん切りを入れます。

ドライカレーの作り方

 水分が多いので、焦げないように面倒を見ながら中火〜強火で水分を飛ばします

 鍋の底に野菜がくっつくくらいになってきたら、火を弱めてじっくり野菜を炒めていきます。

 さてさて、野菜をじっくり炒めている間に、お肉を焼きます。

 挽肉は、[材料]では、牛挽肉と豚挽肉が同量になっていますが、合い挽きでも問題ありません。ただ、あんまり白っぽい挽肉は脂ばっかりで脂っぽい仕上がりになるので、選んでください。

 フライパンをしっかり熱したところに、挽肉を放り込みます。塩胡椒もしませんし、油も敷きません。油は敷かなくてもお肉の脂があるので大丈夫です。

ドライカレーの作り方

 最初の内は、あんまりかき回さず、しっかりお肉を焼き固めるイメージで強火で焼いていきます。ある程度全体が茶色くなってきたら、ほぐしていきます。

ドライカレーの作り方

 ほぐすのは、それほど神経質にならなくても大丈夫です。この先じっくり煮込んでいく段階で何度もかき回すので。

 炒めている野菜が柔らかくなって甘みが出てきたら、炒めたお肉を野菜の鍋に入れます。

ドライカレーの作り方

 お肉を炒めたフライパンは、お肉のエキスが固まっているので、白ワイン(なければお水)を少々注いで、火にかけて木べらでお肉エキスをこそぎ取ります

ドライカレーの作り方

 白ワインを使う場合は、しっかりアルコールも飛ばして、フライパンについているお肉のエキスをこそぎ取ったら、それも鍋に入れます。

 合わせ調味料を全部鍋に加えて、しっかりと混ぜます。

ドライカレーの作り方

 お店などで大きなオーブンがあるなら放り込んでおいて、時々かき回すでいいのですが、おうちで作る場合は、このまま、弱火でじっくりかき回しながら煮込んでいきます

 焦がさないように、面倒を見ながら1〜2時間くらい火を入れます。

ドライカレーの作り方

 水分が抜けてきて、鍋底に焦げ付きそうになってきたら、仕上げの生クリームを加えてひと混ぜしたら煮込み終わりです。

ドライカレーの作り方

 バットに移して、氷を当てて冷まします。

ドライカレーの作り方

 しっかり冷めたら、落としラップをして、冷蔵庫で一晩置いておきます。

ドライカレーの作り方

 お店ではこれを一人前90gに小分けしてラップで包んで、冷凍保存していました。それをレンジで解凍し、温めて、レーズンと揚げ玉ねぎ、イタリアンパセリをフリフリしたご飯に添えます

 自家製のらっきょうの甘酢漬けも乗っけたら、RESTAURANT 艸SOUのドライカレーが完成!

 まとめて作って冷凍しておくと、チンご飯とチンドライカレーでかなり満足できるご飯になる、僕も大好きなカレーです。

 あ、らっきょうはともかく、揚げ玉ねぎはこのドライカレーをワンランク引き上げてくれるので揚げタマも是非〜!

揚げ玉ねぎの作り方はこちらから
らっきょうの甘酢漬けの作り方はこちらから