エスカリバーダは高温のオーブンでじっくり野菜を焼くスペイン料理です。シンプルだけど、甘味を存分に引き出した焼き野菜は美味しいのです。

 その焼き野菜にオリーブオイル、塩、ビネガーなんかを好みでかけて食べるのですが、そこをちょっとけしからんアレンジをしました。

 いつもの焼き茄子も美味しいけれど、たまにはけしからんエスカリバーダを〜!(^o^)!

エスカリバーダ18

スポンサーリンク

エスカリバーダの材料

野菜   適量
(茄子、赤パプリカ、黄パプリカ、ネギ、玉ねぎなど)
オリーブオイル  少々
塩        適量

フレンチドレッシング  適量
(市販品)
玉ねぎ        適量
にんにく       適量
ハラペーニョピクルス 適量
黒胡椒        少々

エスカリバーダの作り方

マリネドレッシングを作る

 
 焼いた野菜はそれだけでも美味しいんですけど、それを更にマリネすることで、ながーく楽しめます。マリネしても焼き野菜の香ばしさはしっかり残ります。

 これでマリネします。

 はい、けしからん市販のドレッシングです。1から作るドレッシングもあるのですが、市販のドレッシングをアレンジして使うものもあります。

 マコーミック(ユウキ食品)のフレンチドレッシングを使います。

 実際には茄子やパプリカを焼いている間に作っています

 これを作るときは焼き野菜の量に合わせて適当に作るので、材料のところでは適量になっていますが、今回はこんな感じの量です。

エスカリバーダ08

 玉ねぎ半分、にんにく1片、ハラペーニョのピクルス 8〜10枚。ハラペーニョのピクルスは夏には欠かせない調味料?です。

 SOラコステーニャというメーカーのものを使っています。※最後に紹介しています。

 これをみじん切りにします。

エスカリバーダ09

 みじん切りにしたら、ボールに入れて、フレンチドレッシングをおもむろにドボドボっと入れます。黒胡椒をガリガリします。

エスカリバーダ11

 みじん切りの野菜が全部ひたって、スプーンですくうとドロっとした感じ位です。

 これで、完成です。

スポンサーリンク


野菜を焼く

 今回使った野菜は茄子と赤パプリカと残ってた黄パプリカ半分です。

エスカリバーダ01

 茄子はヘタの下のところをぐるっとカットして、

エスカリバーダ02

 縦に4,5本皮に切込みを入れます。

エスカリバーダ03

こんな感じに。

エスカリバーダ04

 茄子、パプリカにオリーブオイルを塗ります。

エスカリバーダ05

 オイルを塗ることで、うっすら焼き茄子のような焦げ感もつきつつ、必要以上に焦げず、皮もむきやすくなります。

 パプリカは200℃のオーブンに。

エスカリバーダ06

 黄パプリカは半分に切ってしまっていたので、水分が蒸発しないようにアルミホイルでくるんで皮面が鉄板に当たるように置きました。

 茄子は中火強の魚焼きのグリルに入れました。

エスカリバーダ07

 お店で作っていた時は、オーブンに放り込んだら放置プレイで大丈夫だったのですが、今回はオーブンのパプリカも魚焼き器の茄子も様子を見て、返しながら全体に火が入るようにしました。

 触ってみて皮がパリッとなっていて中がトロっと柔らかい感触になれば、焼き上がりです。

 茄子は切り込みのところから竹串をさして皮をむきます。

エスカリバーダ12

 パプリカはヘタを持つと外れてしまうくらいトロトロになるまでしっかり焼きます。

エスカリバーダ13

 パプリカを半分に切って種と堅いところを外し、皮をずるっとむきます。

エスカリバーダ14

 茄子は手で裂いて、パプリカは包丁で適当なサイズに切ってバットやタッパーに並べて、全体に塩をします。

エスカリバーダ15

 塩はしっかめにします。この塩で食べるくらいのイメージで振ります。

 ここにさっきのマリネドレッシングをかけます。

エスカリバーダ16

 まんべんなく覆うようにかけたら、落としラップをして冷蔵庫で一晩休ませます。

エスカリバーダ17

 完成!

 そのまま前菜の一品として盛りつけても、このエスカリバーダをドレッシングとして葉っぱの上に生ハムと一緒にどんと載せて食べても美味しーです。

 エスカリバーダじゃなくて、焼き野菜のマリネじゃんっ!という苦情は受け付けておりませんのであしからず(^_^;)

 

艸が使っているハラペーニョスライス