フレンチトースト。艸も仕事でよく作っていました!

 もちろんお客さんに作るのは、食パンを厚切りにして、ミミも落として・・・というものでしたが、たまに、まかない(おやつ?)で、フランスパンで作っていたフレンチトーストが、艸は大好きでした!

 ふと、思い出したので、作ってみました。

 やっぱり、美味しい^^

 フレンチトースト完成

スポンサーリンク

フレンチトースト(フランスパン)の材料

[材料]
フランスパン     厚切り2切れ
卵           1個
牛乳         1カップ(200ccくらい)
砂糖         少々
シナモンパウダー 少々
無塩バター     少々

はちみつ       適量

フレンチトース(フランスパン)トの作り方

 まず、フランスパンを厚く切ります。バゲットでもバタールでもいいと思いますが、できればパン屋さんのフランスパンがいいですね。
フレンチトースト1

 厚切りのパンに卵と牛乳がしみやすいように切込みを入れておきます。
フレンチトースト2

スポンサーリンク



 ボールまたは小さいバットに、全卵、砂糖を少々(指で一つまみ二つまみくらい)、牛乳を入れしっかりホイッパーで混ぜます。
フレンチトースト3

 砂糖は、上白糖でもグラニュー糖でもいいです。フレンチトースト=甘いというイメージがありますが、僕は砂糖はほんの少ししか入れません

 食べるときにかける蜂蜜で甘さは調節します。砂糖で甘くしてしまうと、ちょっとしんどい甘さになってしまいます。

フレンチトースト4
 しっかり混ぜ合わせたら、シナモンパウダーを振り入れます。もちろん嫌いな人は入れなくてもいいですよ。

 艸は好きなので、10振りくらい入れます。
フレンチトースト5
 シナモンを入れ、全体を混ぜたら、フランスパンを浸します。
フレンチトースト6

 ひっくり返し、両面を浸し、切込みにもしっかりと浸します。
フレンチトースト7

 パン全体に液体が浸ったら、
フレンチトースト8
 パンを手でギュッと押し潰します。パンが潰れる位押し潰します。

フレンチトースト9
 こんな感じに潰れてしまいますが、

 しばらくすると、
フレンチトースト10
 牛乳卵液をしっかり吸って、元の大きさ以上になります。

 こうなったら、フライパンを中火で熱し、温まったら弱火に落とし、無塩バターをひとかけら入れ、溶かします。
フレンチトースト11
 ジューとバターが溶けるけど、バターが焦げないくらいがちょうどいい温度です。

 ここにパンを入れます。柔らかいので気を付けてフライパンに入れます。
フレンチトースト12
 弱火でじっくり焼きます。

 たまに焼け具合をチェックしながら、
フレンチトースト13
 こんな感じに美味しそうな焼き目が付いたらひっくり返します。

 そして低めに設定したオーブンに入れます。160度くらい?SOUのオーブンは温度設定がないので・・・。
フレンチトースト14

 たびたびオーブンを覗き、パンがフワッとしっかり膨らんだらオッケーです。
フレンチトースト15
 こんな感じです。フワッと言いますか、パンッと言いますか・・・。

 僕は、ここがフレンチトーストの最大のポイントだと思っています。『しっかりと厚切りパンの中まで染み込んだ卵に火を入れる』ということです。

 できればオーブンを使って、外はサクッ、中はフワッのフレンチトーストをお試し頂きたいです。

が、オーブンを使わないで、フライパンだけで作る場合は、少し薄めにパンを切って、ごくごく弱火でしっかりと卵にに火を入れてください。

 焼きたてのパンにたっぷりの蜂蜜をかけて頂きます!

艸は、ホットケーキにはメープルシロップですが、フレンチトーストは断然、蜂蜜です!!

 前日の夜に卵牛乳に浸しておけば、翌朝焼くだけということもできます!