前回の記事を書いてから一月以上がたってしまいましたToT

 今年の正月に”今年はもう少しレシピ以外も書いていけたらな~”とかいて、『食材、飲料道具などなど(仮)』というカテゴリーはすぐ作ったのですが、何を書こうかな~などとボケーッとしているうちに、もうこんなに月日がたってしまいました・・・。

 記念すべき?第一回目は『フジツボ』です。

 もうずいぶん前の料理雑誌に掲載されていて、ずっと気になっていました。

 フジツボ?ってあのフジツボ?と思われる方も多いかもしれませんね。

 艸も料理雑誌の記事を見たときに、そう思いました^^





 僕がいつも行く業務用の卸専門のスーパー?の魚屋さんに、この”フジツボ”はいました。

 これです。
フジツボ

 ずっと、気になっていたのですが、何週間か見送ったのですが、どうしても気になったのでチョットだけ買うことにしました^^

 フジツボは何の仲間だと思いますか?貝?

 いいえ、甲殻類の仲間なんです!!甲殻類とは蟹とか海老です。

 ありえないです。どう見ても蟹、海老の仲間とは・・・。

 まあ、人間が勝手に分類しているものなので、フジツボにとってはどうでもいいことなんでしょうが。

 で、その魚屋さんで、どうやって食べるの?と聞きくと、

 網でそのまま、焼いたり、茹でたりするのが普通だよ。といわれたので、早速、
フジツボ2
 フジツボは生きています。

 なので、火にかけると中身が動きます。他の方のブログに書いていたのですが、まさに『ハウルの動く城』といった感じです。

 残酷!と感じる方もいるかもしれませんが、艸にはもうフジツボは、食材にしか見えていませんので・・。

 フジツボ3

 せっかくなので違う角度から・・・。

 火が入ったので、中身を引っ張り出して取り出します。
フジツボ4

 そのまま、頂きました!

 うまーい!!!!

 食感はやわらかい貝(ムール貝など)みたいで、味は貝と甲殻類とウニが合わさったような感じです!!
 予想していた、磯臭さ、やホヤのような独特の味も全くしません。

 そして、味が濃い、です。

 ちょっと、びっくりしました。見た目は人によっては嫌な人もいると思いますが味は本当においしいです。

 いや~、まだまだ、食べたことの無い美味しいものってたくさんあるんですね。

 ただ、チョット食べるとこが少ないです。しかも、こういう殻が大きいものは殻の重さもお値段に入るので結構します。

 同じ値段で、普通サイズのサザエ、韓国産の小さめのアワビが買えます。

 フジツボはやっぱり”珍味”になるんでしょうね。

 
 茹でても食べてみましたが、焼いた方が断然美味しかったです。機会があったら是非食べてみてください!

 ほんとに美味しかったですよ。