//グーグルアナリティクス UA //GA4

ノンホモ牛乳でバターを作るとか。

 ノンホモ牛乳

 艸もずっと気になってはいたんですが、飲んだことはありませんでした。ま、ネットで注文すればすぐに届くんですけどね。。。

 いつものようにスーパーを徘徊していたら、牛乳売り場にノンホモ牛乳が売っているではありませんかっ!その名も「こだわり酪農家の那須高原ノンホモ牛乳」!

こだわり酪農家の那須高原ノンホモ牛乳

で、さっそく買ってみました。

 ノンホモ牛乳。あっち系じゃない牛乳の話です^_^

ノンホモ牛乳とは

 ノンホモのホモはホモジナイズ(homogenize)の略です。ホモジナイズは日本語にすると「均質化」と言います。

 生クリームやバターが牛乳から出来ているということは、当たり前に知っていることですが、じゃー、なんで普通にスーパーで売ってる牛乳から生クリームやバターを作れないのかって言ったら、このホモジナイズ、均質化をしているからなんです。

 脂肪球を細かくして均質にすることで、牛乳にクリームが浮かないようにするのです。普通の牛乳は、コップに入れて置いておいても、ずっと同じままです。何も沈殿しないし、何も浮いてきません。

 ノンホモ牛乳は、コップに入れて置いておくと、上の方にクリームが浮いてきます。それをすくうと生クリームです。さらに、その生クリームに力を加えると、バターが取り出せるのです。

 ときめく人にとっては、かなりときめくこのノンホモ牛乳ですが、工場での大量生産するには扱いづらいそうです。なので、一般に広く売られている牛乳は、大量生産しやすいホモジナイズされている牛乳なんですね。

牛乳の殺菌のはなし

 牛乳は殺菌しないと販売してはいけません。基本的には。

 で、その殺菌方法は大きく分けると3つあります。

低温保持殺菌法(LTLT法)
 牛乳を63〜65℃で30分かけて殺菌する方法です。低温殺菌牛乳としてスーパーでも売られていますね。LTLT法はlow temperature long timeのこと。

高温短時間殺菌法(HTST法)
 牛乳を72℃以上で15秒以上殺菌する方法で欧米では一般的。HTSTはhigh temperature short timeのこと。

超高温短時間殺菌法(UHT法)
 牛乳を120〜130℃で2,3秒で殺菌する方法。日本の牛乳の多くはこの方法で殺菌されています。UHTはultra high temperatureのこと。

 どれがいいかって話はおいておきまして、一般的に低温殺菌の牛乳のほうが牛乳本来の味に近く、美味しいとされています。

 ノンホモであることと、低温殺菌されることは、全く別のことです。ですが、ノンホモ牛乳は、この低温殺菌で処理をされて販売されることが多いんです。

 しかーし、今回、スーパーで売っていたノンホモ牛乳は、

こだわり酪農家の那須高原ノンホモ牛乳2

130℃で2秒間殺菌されているじゃありませんか!

超高温殺菌のノンホモ牛乳からバターを作る

 まず、開けると、牛乳パックの口のところに生クリームを開けた時のような、なんか塊のようなものがすでに付いていました!(写真がうまく撮れなかった。。。)

 とりあえず、ノンホモ牛乳をそのまま飲んでみた。

こだわり酪農家の那須高原ノンホモ牛乳3

うん、美味しい。甘い。「うぉぉぉ〜〜〜〜、なんじゃこりゃ〜!!!」と声を上げるほどではないけれど、○○しい牛乳とかよりは、おいしいとゆうか濃いとゆうか。。。主観です。

 さて、牛乳から、バターを作ります。ノンホモ牛乳をペットボトルに入れて、振ります。

ノンモの牛乳でバターを作る

2リットルのペットボトルに500ccくらいのノンホモ牛乳を入れて、ひたすら振りました。

 下調べしたところによると、だいたい15分でできるって書いてあったので、15分のタイマーをかけて、アホみたいに振ってました。

 15分経過。

 あれ?なんの変化もない。。。超高温殺菌のノンホモじゃ出来ないのか?と思いつつも、もう15分タイマーをかけて振り続けることに。

 トータルで20分を過ぎた頃に

ノンモの牛乳でバターを作る2

 なんか、ペットボトルにツブツブが付くようになってきました。普通の牛乳はいくら振ってもこんなツブツブは付きませんよね。

 さらに振ること10分。

ノンモの牛乳でバターを作る3

 おっ!なんかそれらしーものが全体に浮いています。

 ペットボトルの蓋を開けると

ノンモの牛乳でバターを作る4

 口のところに、何やら塊が。

 これを、漉すと、バターが取り出せます。

ノンモの牛乳でバターを作る5

 こんな感じです。牛乳から作った?取り出した?バターです。

 これの水分をしっかり絞って、少々のお塩を混ぜてパンにのせたのがこちら。

ノンモの牛乳でバターを作る6

 約500mlのノンホモ牛乳から取り出せたバターはこれだけ。ちっちゃ!

 でも、お味はとっても美味しかったです。バターなのにさっぱりしています。カルピスバターのもっと軽やかな感じ?でした。

バターを取り出したノンホモ牛乳からチーズを作る

 で、このバターを取り出したノンホモ牛乳は、超低脂肪乳です。飲んでみましたが、甘みは残っていて美味しかったです。一般に売られている低脂肪乳と比べると格段においしーです。

 バター作りついでに、このバターを取り出したノンホモ牛乳からチーズを作ります。作るといいますか、取り出すといいますか。

牛乳からチーズを作る

 鍋に、残った牛乳と、ちょっとのお塩と、レモンの絞り汁を入れます。レモンの代わりにお酢でも出来ます。ってゆーか、これはノンホモじゃないふつーの牛乳でも出来ます。

 よく混ぜてから、弱火にかけていると、

牛乳からチーズを作る2

 こんな風に分離してきます。

 この白いところをすくって、ザルにあげて水分を切ります。

牛乳からチーズを作る3

 リコッタチーズ?の出来上がりです。

 ハチミツを掛けて、レモンを絞って食べてみました。

牛乳からチーズを作る4

うん、ぼっそぼそ。バターを取り出しちゃったあとの牛乳だからかな?これなら、超低脂肪乳として飲んだほうが良かった。。。_| ̄|○

超高温殺菌のノンホモ牛乳

 美味しかったですし、楽しかった。これがスーパーで買えるなら、買います。ま、バターやチーズはもう作りませんけど。。。

 超高温殺菌のノンホモ牛乳を飲んで美味しかったからこそ、低温殺菌のノンホモ牛乳も飲んでみたくなりました。

 あと、「無殺菌牛乳」もすんごく気になります。特別に許可を得て作っているところがあります。気になるんですが、牛乳としては、けっこうなお値段が。。。

 ノンホモ牛乳、未体験の方は試してみると面白いですよ〜!

created by Rinker
木次
¥1,647 (2024/04/23 05:53:42時点 Amazon調べ-詳細)