ランチの定番”パプリカソース”のスパゲッティです。

 このパスタは、まだ召し上がったことのないお客様によく”何味なの?”と聞かれます。”パプリカをソースにしたお味です”とお答えすると”そうじゃなくて、トマトとかクリームとか・・・”

 トマトでもクリームでもないパプリカ味のパスタです。パプリカ味とはいっても、優しい味です。ピーマン味?とはひと味もふた味も違います!!

小エビパプリカ完成



小エビのパプリカソース スパゲッティの材料

[材料]
パプリカ      適量
玉葱    パプリカの半量
パプリカ粉     適量
バター       適量
ブイヨン      適量

小エビ       5,6本
バター       少々
オリーブオイル   少々
白ワイン      少々
生クリーム     少々

スパゲッティ    100g

パセリ微塵切り   少々
EXVオリーブオイル  少々



小エビのパプリカソース スパゲッティの作り方

 まず、パプリカソースを作ります。

パプ

 このパプリカを、半割りにして、ヘタ、種、中の白い部分を取り除き、きれいに洗います。

パプ2

 で、この掃除した(下処理をすることを掃除すると言ったりします)パプリカの重さを量って、その半分の重さの玉葱を繊維に垂直にザクザク切って、鍋にバターを溶かし炒めます。

パプ3

 パプリカもザクザク切ります。

パプ4

 こんな感じです。これを玉葱を炒めているところに入れ、軽く炒めます。
 そこにパプリカ粉を加えます。パプリカ粉というのは

パプ6

 これです。これは業務用ですが、もっと小さいものがスパイスのコーナーなんかにあります。
 これを結構入れます。

パプ5

 これを入れることでパプリカ味に厚みを出します。ですが、入れすぎると苦味が出てしまうのでほどほどに・・・。
 軽く炒めて粉っぽさを飛ばしたら、ブイヨンをひたひた強加えます。

ご家庭では顆粒でいいですが、控えめに・・・。

パプ7

 これをコトコト火にかけ、ひたひたになるまで煮詰めます。

パプ8

 こんな感じです。詰めたら、火を止めてしばらく放っておいて粗熱を取ります。粗熱が取れたらミキサーで回して、漉します。

パプ9

パプ10

 で、しっかり冷まします。

パプ11

”パプリカソース”完成です!!

 これに、牛乳、生クリームを少し加えて、塩味を整えれば美味しいパプリカポタージュになりますよ。

 でも今日はパスタなのでもう少し続きがあります。

仕上げです。小エビ5,6本に軽く塩をします。小エビは、できれば殻付のものを買ってきて剥いてください。それだけでかなりえびの味が違います。

パプ仕上げ1

鍋に少量のオリーブオイルと小さじ1位のバターを入れ温めます。

パプ仕上げ2

小エビを入れ両面を焼きます。箸で裏返し、ちゃんと小エビの両面を焼きます
パプ仕上げ3

 ここに白ワインを少量入れ詰めます。詰まったら、先程のパプリカソースを70cc位と水を少々入れ、火にかけ、入れた水の分だけ煮詰めます。

パプ仕上げ4

こんな感じになったら、パスタの茹で方を参考に茹でたスパゲッティと生クリームを少々入れ、
パプ仕上げ5

茹で汁で濃度と塩味を調節し器に盛ります。

パセリとEXVオリーブオイルを振ります。完成!!

 ほかにも、このブログで紹介している、ポタージュを使えばいろんなパスタができますよ。