ちょっと時季が遅れてしまいましたが・・・桜海老のパスタです。

 桜海老は、駿河湾で春に獲れる(秋にも獲れるのですが)ピンク色の小さな海老ですね^^

 天日干しされた桜海老が一般的ですが、最近では流通の発達や、冷凍技術の向上で生の桜海老を手に入れることができるようになりました。

 生の桜海老の旨みをアーリオオーリオにプラスしました。材料さえそろえば簡単なので、生の桜海老を見つけたら、是非・・・。
桜海老とカリフラワー11




生桜海老とカリフラワーのスパゲッティの材料

[材料]
生桜海老       一掴み
ニンニク        3、4片
オリーブオイル     少々
鷹の爪          1本
白ワイン         少々

カリフラワー      4、5房
スパゲティ       100g

パセリ(みじん切り)   少々
黒胡椒          少々
EXVオリーブオイル   少々

生桜海老とカリフラワーのスパゲッティの作り方

 まず、本日の主役、桜海老です。
桜海老とカリフラワー1

 そして、カリフラワーを小房に分けて切っておきます。
桜海老とカリフラワー3
 このカリフラワーがこのパスタのポイントです。カリフラワーの甘みというのも、もちろんなのですが、このカリフラワーを煮崩すことで、桜海老のオイルがパスタに絡みやすくなるのです!





 まず、オリーブオイルの潰したニンニクを入れ、弱火に掛けます。
桜海老とカリフラワー2
 じっくりニンニクに火を入れて、いい色になったところで鷹の爪を入れます。
桜海老とカリフラワー4

 そこへ桜海老を入れます。
桜海老とカリフラワー5
 桜海老にじっくり火を入れて、オイルに桜海老の旨みを出します

 ニンニクと鷹の爪は焦げないように桜海老の上に避難させておきます。
桜海老とカリフラワー6

しばらくして、
桜海老とカリフラワー8
 こんな感じにこんがりしてきたら、全体を混ぜてから、白ワインを軽く注ぎます。
桜海老とカリフラワー9
 白ワインをしっかり詰めたら水を少々入れて乳化させておきます。桜海老にも塩気があるので茹で汁ではなくて、水かお湯です。塩加減はパスタと合えてから調節します。

 カリフラワーは、といいますと、
桜海老とカリフラワー7
 パスタを茹でるときに一緒に入れちゃいます。煮崩したいので、最初から入れます。

 茹で上がったら、桜海老の鍋に入れます。
桜海老とカリフラワー10
 ここで軽く、木ベラや箸でカリフラワーを潰します。火が入ったカリフラワーは簡単に潰れます。

 茹で汁と湯で、濃度と塩加減を調節して、器に盛り付けます。

 パセリと黒胡椒を散らして、EXVオリーブオイルを回しかけます。完成!!

 見た目にも華やかで、あっさりとしていて、桜海老のやさしい旨みを感じられるパスタです。

 艸はあっさりパスタが好きです^^