ジェノベーゼというのはイタリアのジェノバ風ということです。普通はバジルで作るのですが、それと全く同じ分量でバジルをシソに替えてみました。

 ジェノベーゼ自体は僕はちょっと苦手といいますか、美味しいのを食べたことがないのですが、シソで作ると美味しく食べられます。

アサリのシソジェノベーゼ

スポンサーリンク

浅利のしそジェノベーゼの材料

青ジソ      100g
にんにく微塵切り 大匙1くらい
パルミジャーノ  大匙山盛り4くらい
松の実       40g
EXVオリーブオイル 200cc~250cc
にんにく微塵切り 小さじ1
オリーブオイル  適量
浅利       5~6ヶ
白ワイン     少々

浅利のしそジェノベーゼの作り方

 最初にジェノバペーストを作ります。シソの固い元のところを切り落とし、[材料]の青ジソからEXVオリーブオイルまでをミキサーに入れ回します。

しそジェノベーゼ1

この分量だとなかなか回らないと思いますが、回してはスプーンで押し込み、押し込んでは回しを繰り返して頑張って回します

しそジェノベーゼ2

 こんな感じになるまでしっかりと回します。

しそジェノベーゼ3

 きれいに洗ってしっかり乾燥させたビンに入れておけば、2,3週間は持ちます。これでペーストは完成です。

スポンサーリンク



 鍋にオリーブオイルとにんにくの微塵切りを入れ、弱火でにんにくを狐色にします。

しそジェノベーゼ4

 ここにアサリを入れ、

しそジェノベーゼ5

 白ワインを注いで蓋をして蒸し煮にします。

しそジェノベーゼ6

 アサリが開いたら、蓋をはずし、ワインと貝の汁を少し煮詰めます

しそジェノベーゼ7

 そこへパスタの茹で方を参考に茹でたスパゲッティをいつもよりしっかり茹で汁を切って(季節によって貝の持つ塩が違うので、なるべく味を見てから茹で汁は加えます)加え、よく和えます。ここでお湯と茹で汁で大体の塩加減、濃度をきめておきます。

 火を止めてから、シソジェノバペーストを大匙1加えます。このペーストは火を加えると香りが飛んでしまうので、必ず火を止めてから入れます。しっかりと混ぜ合わせ器に盛ります。好みでパルミジャーノを振ります。完成!