”かすべ”とは、”えいひれ”のことです。

えいひれとは言っても、居酒屋さんにある、アタリメのような炙って食べるおつまみではありません。

 最近は、スーパーでもたまに見かけるようになりましたよね。

 軟骨好きの僕としてはたまらない食材です!ここではトマト煮の作り方の紹介ですが、普通に魚の煮付けのようにしても食べられます。

 とろとろコリコリのかすべのトマト煮、これからの寒い季節に是非お勧めです。
かすべのトマト煮

スポンサーリンク

カスベ(エイヒレ)のトマト煮込みの材料

[材料]
かすべ          適量
基本のトマトソース
   適量
(またはトマトホール缶)
にんにく          2,3かけ
玉ねぎ          適量
セロリ           玉ねぎと同じくらい
オリーブオイル      少々
塩、胡椒         適量
粉(薄力でも強力でも) 適量
ケッパー         適量
パセリみじん切り    少々

カスベ(エイヒレ)のトマト煮込みの作り方

かすべのトマト煮1
 これが”かすべ”です。今回はスーパーで買ったので、カットしてありますが、もともとは三角のような形をしています。

 鍋に塩を入れて沸かします。何はともあれ、買って来たらすぐに茹でて下さい
かすべのトマト煮2
 沸騰したところにかすべを入れて、5,6分茹でます。

かすべのトマト煮3
 茹で汁ごと冷まします。これで一安心です。
 
 かすべは、生のままにしておくとアンモニア臭がしてきてしまいます。なので、メニューが決まっていなくてもとりあえず、茹でます^^

 冷めたら、よく水気を切っておきます。これを普通に煮魚を作るように煮たり、お鍋に入れたりするのが和食では一般的なようです。

スポンサーリンク



 今回はトマト煮なので、先にトマトソースを作ります。
 かすべのトマト煮4
 玉ねぎとセロリを刻みます。あまり大きくなければ好きなサイズでいいと思います。が、大きさは揃えます
 セロリが苦手な方は入れなくてもいいです。僕はトマト煮のセロリが好きなのでたくさん入れます。

 にんにくとオリーブオイルを鍋に入れて火にかけ、にんにくオイルを作って、そこに玉ねぎとセロリを入れます。
かすべのトマト煮6
 しんなりするまで炒めたら、そこに基本のトマトソース(もしくはトマトホール缶でも)を入れます。
かすべのトマト煮7
 火を弱火にし、コトコトさせて、玉ねぎ、セロリをトマトソースと馴染ませます。

 よく水気を切ったかすべを一口大にカットします。艸では、前菜の盛り合わせの中の一品として登場するので、小さくカットしますが、崩れやすいのでそのままの方がいいかもしれません。
かすべのトマト煮5

 これに塩胡椒をし、粉をはたいて、
 かすべのトマト煮8

 フライパンにオリーブオイルをしき、表面をカリッと焼きます。
かすべのトマト煮9
 後でトマトとで煮るので、表面だけこんがりとなればいいので、やや強火で焼き色をつけます。
かすべのトマト煮10
こんな感じです。

これを先ほどのトマトソースで煮込みます。
かすべのトマト煮12
 弱火でコトコト煮崩れ無い様に煮ます。塩、胡椒で味を調えて、バットなどに移して冷まします。
かすべのトマト煮13
アップにすると
かすべのトマト煮14
こんな感じです。

粗熱が取れたら、氷を当てて完全に冷ましてから、冷蔵庫でひと晩休ませます。ひと晩休ませるとググッと馴染んで美味しくなります!

 鍋で温め直すときにケッパーを入れます。器に盛って、お好みでパセリ、黒胡椒EXVオリーブオイルを振って、完成!!

 結構立派な軟骨が付いていますが、全部食べられます。美味しい食材だと僕は思うので、作ってみてください^^