基本のトマトソースです。これがちゃんと美味しくできると色々重宝します。

トマトソース1

 僕は、ソルレオーネというトマトホール缶を使っています。これは業務用の大きいもの (約2.5k)ですが、小さいサイズのものもあります。

 ではでは”基本のトマトソース”始めます。

スポンサーリンク

基本のトマトソースの材料

[材料]
トマトホール缶(1缶約400g)   2缶
玉ねぎ(中)             1/2 ヶ
にんにく               1片
オリーブオイル           適量

基本のトマトソースの作り方

[作り方]
 美味しいトマトソースを作るには、まず”いい”ホール缶を使うことです

  「何それ?」と思うかもしれませんが、メーカーによってかなり違います。お醤油やお味噌を選ぶのと同じように選んでください。果肉がやわらかく、汁に濃度のあるものが”いい”と思います。

  ソルレオーネは、比較的スーパーなどでも見つけることが出来ると思います。
 

スポンサーリンク



 にんにくをみじん切りにします。玉ねぎもみじん切りにします。傾けた鍋にオリ-ブオイルをにんにくにかぶるくらい入れ、弱火で時々混ぜながら、うっすら狐色になったら、玉ねぎを入れます。玉ねぎの水分を飛ばし甘みが凝縮するまでゆっくりいためます。

トマトソース3

 このくらいの色になったら、オッケーです。

 次に、というか玉ねぎを炒めながらなのですが、ホール缶の掃除をします。ボールにあけてヘタと種を取り除きます。種は全部は無理ですが、なるべく取ります。取ったら別の入れ物に移していきます。

トマトホール缶の掃除の仕方の動画を作りました。ホール缶の掃除ってどうやるの?という方はぜひご覧ください〜
トマトホール缶の掃除の動画


トマトソース2

 こんな感じです。全部終わったら、果肉を手で握って潰して、玉ねぎの入った鍋に入れます。種とヘタの入った汁は鍋に漉し入れます。写真はシノワという漉し器ですが、ザルでいいです。(でも後で洗うのが結構大変!)

トマトソース4

 沸くまでは強火で、木ベラで下からしっかりとかき混ぜます。沸いたら火を弱くし、フツフツするくらいにします。灰汁はすくいません。

トマトソース5

 たまに下をこそぐようにかき混ぜながら、水分を煮詰めて、酸味を飛ばし、玉ねぎとトマトの甘みをここでも凝縮させます。 

トマトソース7

 トロッとしてきたら(時間はホール缶の濃度や鍋の大きさ、火力などによるので、トロッとするまで煮てください)保存容器で冷まします。そして冷めたら、一晩冷蔵庫で寝かせます。これが大事です。”次の日のカレー”と同じことです。”まろやか”になるのです。

トマトソース6

 一晩たったら完成です。

 基本のトマトソースの動画を作りました。合わせてご覧ください〜