知ってる方には当たり前、でも知らない方には役に立つ、かもしれない”はじめの一歩”です。

 艸のレシピでは長ねぎをみじん切りする機会はそれほどないのですが、賄いでチャーハンなど、中華っぽいものを作るときには、長ネギをみじん切りにします。

スポンサーリンク

長ネギのみじん切りのやり方

  よくこういうみじん切りの仕方を紹介しているのを見かけます。
長ネギみじん切り1
 基本的にこのやり方と同じなのですが、このやり方だとタコさんウインナーみたいにどうしても広がってしまって刻みにくいですよね。

 左手で、長ネギをコロコロ回しながら、包丁の刃先をサクサク刺していきます。
長ネギみじん切り3
 包丁はあんまり立てると一回の切込みがちょっとになってしまうので、やや倒し気味に刺していきます。
長ネギみじん切り4
 根元までしっかり切れ込みを入れます。
長ネギみじん切り5
 切れ込みは満遍なく、たくさん入れたほうが後で楽です。が、あんまり入れすぎるとバラけて来てしまうので、ほどほどに・・・。

 切れ込みを入れ終わった長ネギです。
長ネギみじん切り2

 これを端から刻んでいきます。
長ネギみじん切り6
 この時点で粗微塵にはなっています。

 そして、いわゆるみじん切りです。左手で刃先を軽く押さえて、弧を描くように切っていきます。
長ネギみじん切り7
 完成です!

 4回にもわたって”みじん切り”にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。これで”みじん切り”はおしまいです・・・多分。