コーヒーのパンナコッタです。

 すでにパンナコッタのレシピは何度か載せてますね^^そのコーヒー版です。

僕の気持ち的には”コーヒー”というよりは”珈琲”のイメージで作りました。珈琲の香りの味がする・・・と言う感じです。コーヒー牛乳じゃないんです。

 あくまでも気持ち的には・・・・・・です。
コーヒーパンナコッタ完成



コーヒーのパンナコッタの材料

[材料]
牛乳       500cc
生クリーム    250cc
グラニュー糖   105g
コーヒー豆     10g
板ゼラチン     9g(夏季は10g)

コーヒーのパンナコッタの作り方

 基本的に、他のパンナコッタと同じです。分量的にはグラニュー糖を少し減らしました。コーヒーのパンナコッタでは甘みを少し強く感じるようです。

 今回の材料です。
コーヒーパンナコッタ1
 写真にもあります様にコーヒーです。ここがポイントです。コーヒー自体を抽出するのではなく、コーヒーの香りを移すんですね。

 僕が使った豆は艸でいつも使っている豆です。
コーヒーパンナコッタ2
 本当は自分で言っちゃいけませんが、かなりいい豆です^^フレンチローストです。フレンチローストとは、かなりの深煎りということです。(コーヒーの話は書き始めると長くなりそうなので、またの機会に・・・)

 で、この豆を軽く潰します。
コーヒーパンナコッタ3
 こんな風に僕は肉叩きで潰しました。深煎りの豆は簡単に潰れるのでビンの底などを使って潰します。

 どのくらい潰すかと言いますと
コーヒーパンナコッタ4
 このくらいです。割れてない豆がないな~くらいでいいと思います。あんまり潰してしまうと、粗挽きに近くなってしまうので”豆を割る”と言った感じです。




 牛乳、生クリ-ム、グラニュー糖を鍋に入れ火に掛けます。
コーヒーパンナコッタ5
 グラニュー糖が溶けるまで、軽く混ぜます。

 鍋肌がフツフツとして来たら、火を止めて、潰したコーヒー豆をれます。
コーヒーパンナコッタ6
 ひと混ぜして、フタをして、7分です。他のパンナコッタより少し長めです。

 この間に、ゼラチンを戻します。僕が使っているゼラチンは薄いので2分もあれば戻ります。
コーヒーパンナコッタ7
 涼しくなってきたとはいえ、まだまだ、キッチンは暖かいのでゼラチンが溶けない様に氷を入れておきます。

 7分たったら、水気を絞ったゼラチンを入れよくかき混ぜます。
コーヒーパンナコッタ8

 よく混ぜたら、漉します。
コーヒーパンナコッタ9

 ボールを二重にして氷をかまします。
コーヒーパンナコッタ10

 時々混ぜながら、とろみが付くまで冷やします。
コーヒーパンナコッタ11
 こんな感じに表面がデコボコになるくらいまでしっかり冷まします。環境によりますが、このくらいになるまでに氷を2回替えて、30分から50分ぐらい掛かります

 タッパーや好みの型に流し、冷蔵庫で2時間位冷やします。
コーヒーパンナコッタ12
完成!!

 インスタントコーヒーでは絶対に出せない風味です!今一番の僕の気に入りです。
是非お試しください!

 ここで使っているゼラチンはこれです。