『卵』カテゴリー、第3弾です。

 今回はスクランブルエッグです。卵料理はちゃっちゃと書いてしまうつもりだったのですが、このスクランブルエッグが思いの他、写真を撮るのがなかなかうまくいかず、時間が掛かってしまいました・・・・今回3回目のトライですT_T

 たくさんのお箸を使って作る「いり卵」も美味しいですが、スクランブルエッグは、また別の料理です^-^

 お休みの日のブランチにトロットロのスクランブルエッグとカリッと焼いたトースト。いいですよね~。

スクランブルエッグ9



スクランブルエッグの材料

[材料]1人前
卵      2個
生クリーム  大匙1くらい
塩      少々

バター    ひとかけ

黒胡椒    適量

スクランブルエッグの作り方

 スクランブルエッグを作るのに欠かせない道具が一つあります。それは・・・
スクランブルエッグ4
これです。

 シリコンベラです。火にかけた鍋に直接使うので、普通のゴムベラではなく耐熱のシリコン製のものを必ず使ってください。100円ショップでもシリコン製のヘラは売っていますね^-^

 個人的にはちょっとお高いですが一体型のシリコンベラが使いやすくて好きです。




 ボールなどに卵を割って、生クリームと少々の塩を入れます。
スクランブルエッグ

 お箸でシャカシャカと混ぜます。
スクランブルエッグ2

 鍋を火にかけ、バターを入れます。バターは無塩でも有塩でもいいです。有塩の場合は卵にする塩をもっと少々にしてください。
スクランブルエッグ3
こんな感じにバターが半分くらい溶けたところで、卵を入れ弱火にします。

スクランブルエッグ5

 ここからが勝負です!(弱火にしていればそれほど焦る必要はありませんが)ヘラで鍋の周りをこそぎながら、全体をしっかり混ぜます
スクランブルエッグ6

 切る様にしたり、潰すようにしたりしながら、全体が滑らかな感じになるようにヘラを手早く動かします。

 ちょっと大きな塊が出来てきたな~とか、ちょっと固まってきたな~となってきたら、火から外して混ぜ続けます
スクランブルエッグ7

 火加減を調整しつつ、よく混ぜ、火からおろしたり、かけたりしながら
スクランブルエッグ8
 こんな感じに固まってきたらオッケーです。実際には、これよりゆるいくらいで火からは外して、余熱でこれくらいの固さになるようにします。

 そして素早く器に移します。完成!!

 結構、余熱で火が入るので、そこさえ気をつければ、トロットロのスクランブルエッグになります。平らな器に盛って、トロッとしているのだけれど、流れない。というくらいの固さがいいです。

 黒胡椒をガリガリッとして、そのまま食べると卵って甘いんだ~と実感します!もちろんお好みでケチャップなどをつけても。

 スクランブルエッグでさえ写真を撮るの難しかったです・・・第4弾は・・・もっと写真を撮るのが難しい、あれです。うーん、うまく撮れるかな~。