車海老のスパゲッティの作り方です。

 車海老は言わずと知れた高級海老です。活きた車海老なら言うことないのですが、それは流石にSOUクラスのお店では無理でして・・・冷凍のお刺身用ってことになっている車海老を使っています。

 ある程度のサイズの車海老をそれなりの量使ったら、あとは海老の調子しだい!なのです。と書いてしまうとなんだか投げやりな感じもしてしまいますが、料理人が食材にしてやれる事なんてそんなに多くないのかな~と最近は思ったり思わなかったり・・・。

 ではではさっそく作り方です。
車海老のスパゲティ完成

スポンサーリンク

車海老のスパゲティの材料

[材料]1人前
車海老        4尾
塩          少々
ニンニク       1片
オリーブオイル    適量

基本のトマトソース  80ccくらい
生クリーム      少々

パセリ        適量
EXVオリーブオイル   適量

車海老のスパゲティの作り方

 まずは車海老を下処理します。⇒海老の下処理を参考にしてください。

 開いた海老にかる~く塩をします。
車海老のスパゲティ1

スポンサーリンク



 オリーブオイルに潰したニンニクを入れて、弱火にかけてじっくりと火を入れます。
車海老のスパゲティ2

 ニンニクがいい色になったら火を一度強くして、鍋の温度が上がった所に車海老を殻の方を下にして入れます。
車海老のスパゲティ3
 ニンニクは海老の上に避難させておきます。

 海老の殻には旨みがたっぷりあります。殻をしっかりと焼くことで臭みをなくし香ばしさと旨みを引き出す準備をします。
 海老自体を食べる料理であれば、ちょっとでも旨みが流れ出ないように身の方からビシッと焼くのですが、パスタなのでソースにも旨みが流れてもいいので、艸は殻から焼きます。

しっかりと殻を焼いたらひっくり返します。
車海老のスパゲティ4

身のほうも軽く焼いたら、白ワインを適量いれます。
車海老のスパゲティ5

入れた分の白ワインをしっかり詰めます
車海老のスパゲティ6
しっかり詰めるのですが、過ぎると焦げるので、しっかり見張っておきます^-^

そして、ここに基本のトマトソースを適量加えて煮ます。
車海老のスパゲティ7
数分コトコトすることで、海老の旨みをしっかりとトマトソースに移します。

 パスタソースたっぷりは美味しいのですが、トマトソースが多いとその分魚貝の旨みは薄まります。なので、トマトソースは気持ち控えめにします。

 そこにパスタのゆで方を参考に茹でたスパゲティを入れ、生クリームを少々いれます。
車海老のスパゲティ8
 ゆで汁で濃度と塩加減を調節して、器に盛ります。パセリを散らしてエキストラバージンオリーブオイルを振れば、完成です!!

 車海老さえ手に入れれば、難しくないので是非おうちでも作ってみてください^-^