定番の”きのこクリーム”です。定番ですが、以外に美味しく作るのは難しいと思います。

 クリームはコクというか旨味をプラスしてやると美味しくなるんです。これがないと、ただクリームを入れただけのスパゲッティになってしまいます。

きのこ完成
それではスタートです。




きのこクリームスパゲティの材料

[材料]
きのこ 3種類位   一つかみ程度

にんにく             1片
ベーコン             少々
生クリーム(35%)       適量
フォンドヴォー          適量
オリーブオイル         適量

パルミジャーノ          適量
黒胡椒              適量
パセリ(みじん切り)       適量

スパゲッティ(ディチェコ11)   100g




きのこクリームスパゲティの作り方

 分かりづらい分量ですみません。ですが、実際僕が作るときに量らないものは、こうしか書きようがないので、写真を見て感じをつかんでください。

 にんにくを手で潰します。鍋を傾けて、少量のオリーブオイルをにんにくの片面が漬かるようにして、弱火にかけます。

きのこ1

下の面が色づいてきたらにんにくを返し、

きのこ1.5

我慢して弱火でこのくらいまで色づけます。

 その間に、きのことベーコンを用意します。きのこはなんとなく同じ大きさになるようにカットします。ベーコンはスライスのものでもいいと思います。

きのことベーコン

 先にきのこだけを中火で炒めます。このときあまりかき混ぜないようにしていためます。混ぜたり返したりは、あくまでも焦げないようにであって、ずっと混ぜていると、きのこがなかなかいい色になりません。
 きのこがいい色になったら、ひとつ目の旨味、ベーコンを入れます。火を弱火にして、じっくりベーコンの脂を鍋に出します。

きのこ2

 いよいよクリームの出番です。写真を見てこんな感じに入れてください。

きのこ3

 そしてこの写真の中心のやや右上、茶色い物体が見えますでしょうか。これこそがこのスパゲティの決め手、二つ目の旨味、フォンドヴォーです!!ティースプーンでひとすくい、ふたすくいぐらい入れます。

 缶詰のフォンドヴォーは使ったことがないのですが、多分入れないよりはよいのでは、と思います。

きのこ4

弱火でこのぐらいまでつめます。かなりドロドロです。ここに”パスタの茹で方”を参照して茹でたスパゲッティを入れ、パルミジャーノを軽く振り入れます。

 茹で汁で、塩気と濃度を調節し、器に盛ります。

 パルミジャーノ、黒胡椒、パセリ、EXVオリーブオイルを振って、完成!