本当に暑い日が続きます・・・。

 大きなパスタ鍋のかかった厨房にいる艸は、何にもしてなくても、頭がふらふらになります^^

 今回のシソジェノベーゼは、毎年夏になると登場するメニューです。去年まではアサリで作っていたのですが、今年はサーモンで作ってみました。

 もともと、バジルで作るジェノベーゼもサーモンとの相性はいいので、シソもいけるかな~と思って作ったのですが、すごーーーく、良かったです!

 サーモンにしたら、アサリよりも良く出るようになりました!^^
シソジェノベーゼ完成

サーモンのシソジェノベーゼの材料

[材料]
サーモン       60~70g位
シソジェノベーゼ   大匙1強位
白ワイン        少々
オリーブオイル    少々
塩、胡椒        適量

スパゲッティ      100g

パルミジャーノ     少々
EXVオリーブオイル  少々

サーモンのシソジェノベーゼの作り方

[作り方]
  まず、アサリのシソジェノベーゼを参考にして、シソジェノベーゼを作ります。

シソジェノベーゼ サケ9
 このグリーンのソースが、シソジェノベーゼです。2週間くらいはもつので、まとめて作っておくと便利です。




 サーモンです。
シソジェノベーゼ サケ1
 SOUではお刺身用のサーモンを使っています。

 お刺身用のサーモンでなくてもいいですが、塩ジャケ、甘塩ジャケなどのように、塩をしてあるものは、このパスタには向いていません
 パスタのお湯にもかなりの塩気がありますし、シソジェノベーゼに入るパルミジャーノのも塩気があるので・・・。

 このサーモンを適当な厚さにスライスします。
シソジェノベーゼ サケ2
 僕は火が入り易いように、1センチ以下の厚さに切ります。

 カットした、サーモンに軽く塩コショウをします。軽くです。もしくは、しなくても。
シソジェノベーゼ サケ3

 鍋に少量のオリーブオイルを入れて、火にかけます。
シソジェノベーゼ サケ4
 
 鍋が熱されたら、サーモンを入れます。木ベラでつつきながら火を入れます。
シソジェノベーゼ サケ5
 サーモン全体に火が入ったら白ワインを入れます。量は適当でいいです。ジュワーっとなって少し水分が残るくらい入れます。

シソジェノベーゼ サケ7
 鍋底にくっついた、サーモンを木ベラでしっかりとこそげ落とします

 白ワインがっしかりと詰まったら、水を入れます
シソジェノベーゼ サケ8
 水を入れて火にかけ、沸かしておきます

 ここで水を入れておくのは、この時点で水分調整をしておくためです。ほかのパスタのときは、パスタとあえてから、水分を調整しますが、シソジェノベーゼは火を入れると香りが飛んでしまうので、この時点で水分を足しておきます。

 パスタの茹で方を参考にして茹でたパスタを入れます。

 ここにシソジェノベーゼを大匙1強入れます。
シソジェノベーゼ サケ11

 鍋を火からはずして、しっかりとシソジェノベーゼを混ぜ合わせます。
シソジェノベーゼ サケ12

 器に盛り付け、少々のパルミジャーノと、シソジェノベーゼ、EXVオリーブオイルをかけて、完成!!

 シソのパワーのある夏だけのメニューです。

 シソを使っているのに洋の味がする、洋の味なのに、日本人にはどこか懐かしいシソの味がする。そんなパスタです。

 この暑い夏に、ぜひお試しください!!