今回は型に敷いたタルト生地を空焼きします。

 こちらの記事も参照してください。
基本のタルト生地の作り方
タルト生地を型に敷く

ではでは、「空焼き」はじめます^^




タルト生地の焼き方(空焼き)

[材料]
型に敷いたタルト生地
卵黄 18cmのタルト型1台に1ヶ位

 タルトを空焼きするのに必要なものがあります。

 クッキングペーパータルトストーンです。

 クッキングペーパーはいいとして、タルトストーンって何?という方もいるかもしれませんね。

 タルトストーンとは
タルト空焼き8
これです。アルミの小さな重石のようなものです。形は丸餅みたいなものやスライム(キスチョコ?)の様なものなどがあります。

 熱したタルトストーンをタルト型の中に入れて焼くことで、タルト生地が膨らんで、デコボコになるのを防ぎ、しかも上からしっかりと熱を伝え焼いてくれるのです。





 タルトを焼く前に、クッキングペーパーで、タルトストーンを乗せる為の紙を作ります。
タルト空焼き

 クッキングペーパーにタルト型をあて、型の大きさに線を引きます。
タルト空焼き2

 引いた線から2cm位外をハサミで切っていきます。
タルト空焼き3

 今度は、外から中に向かって、線より5mm位奥まで切込みを入れていきます。
タルト空焼き4

 適当に間隔をあけ、ぐるりと一周、切込みを入れます。

 切込みを入れてできたヒラヒラを中に折りこんでいきます。
タルト空焼き5
 こんな感じです。全部折ったら、冷蔵庫で休ませている、タルト生地に一度当てて見ます。
タルト空焼き6
 すっぽり入ればオッケーです。

 この紙は繰り返し使えるので、一回作っておくとアルミホイルより便利ですし、しっかりタルト生地を抑えてくれますよ。

 オーブンを180度にセットして、タルトストーンを熱しておきます。天板や、使わないケーキの型などに入れてオーブンに入れておきます。

 しつこいようですがうちのオーブンには温度設定は無いので、180度というのは一般的な目安です。オーブンの温度と焼き時間は使うオーブンによるので、こればっかりは試行錯誤してそのオーブンの勘を磨くしか・・・。

 で冷蔵庫から型に敷いたタルト生地を出してきて、フォークでブスブス全体を突き刺します。
タルト空焼き7
 こーんな感じです。このことをピケ、といいます。ピケとは刺すという意味です。

 ここにさっき作った紙を乗せ、熱したタルトストーンを乗せます。
タルト空焼き9
 端といいますか回りにしっかりタルトストーンがいきわたるようにスプーンなどでならします。タルトストーンは熱いので気を付けてくださいね^^

 オーブンにすばやくいれ、12~15分くらい焼きます。あくまで目安です。初めて焼くときは、こまめにオーブンの中をチェックしてください。

 このくらいしっかり焼き色がつくまで焼きます。
 タルト空焼き11
 中身を入れてもう一度焼く場合も、この時点でしっかり焼いておきます。

 卵黄を溶きます。僕は少々の水を入れてちょっとだけ塗りやすくします。
タルト空焼き10
 これを焼きあがったタルト生地の内側全体に満遍なく塗ります。
タルト空焼き13
 塗った端から乾いていきますが、もう一度オーブンに入れて1、2分しっかりと乾かします。

タルト空焼き14
 タルト生地の空焼きが完成です!!

  これからいくつかタルトを紹介していきますね^^