このページは、レシピと言うよりは低温調理した卵の記録のページです。

 低温調理器で一番始めに作ったのは、やっぱり温泉卵(温度卵)でした味付けもしないし、真空にもしなくていいし、低温調理器の使い方をマスターする(ってゆーほどのことじゃないけど)にはもってこいです。

 温泉卵とか温度卵と呼ばれるのは、白身はドロっと黄身は固まってはいるもののグニャッとしたの卵のことで、白身と黄身の固まる温度の差を利用して作られます。

 白身の方は、60℃くらいから固まりはじめますが、完全に固まるのは80℃近くです。一方、黄身の方は、65℃〜70℃で固まり始め、その温度を保てばほぼ固まります

 詳しくは卵が固まる温度について参照

 要するに、65℃〜70℃に保たれたお湯の中に卵を入れておけば温度卵ができあがります。低温調理器を使わないで作ると温度計を鍋に挿して30分間、火を消したり着けたりしながら付きっきりで面倒を見なければいいけなかったのが、低温調理器なら、温度と時間を設定してぽポチッとスイッチを押すだけです。

 超簡単。

 超簡単ですが、低温調理を始める前に安全性とリスクを理解しておくにも目を通してもらえるとありがたいです。

 この卵の低温調理には、BONIQ(ボニーク)を使っています。低温調理器BONIQ(ボニーク)を使った感想と口コミ、本当に使えるのかを検証したよ!では低温調理器ってどうなの?便利なの?何ができるの?使えるの?について書いています。(艸の別ブログ)



低温調理で温度卵 65℃で30分

 65℃で30分の設定で、生食できる新しい卵を低温調理。

BONIQボニークでの低温調理温度卵

BONIQボニークでの低温調理温度卵2

 30分経ったら、冷水に取り、急冷する。

BONIQボニークでの低温調理温度卵3

 出来上がりはこんな感じ。

BONIQボニークでの低温調理温度卵11

 黄身部分がやや柔らかめの温度卵が完成。これは、作ったその日の写真。次の日は、もうちょっと黄身の部分がしっかり固まっていた

 【メモ】
ちょいぬるめのお湯で始めたら、結構時間がかかったので50℃くらいのお湯で始める
鍋の中でゴロゴロ動いて、鍋肌に卵が当たるので、鍋を小さくするか、卵を晒しなどで包むかする



低温調理で温度卵 68℃で30分

 68℃で30分の設定で、、生食できる新しい卵を低温調理。鍋の中でゴロゴロしないように晒しで包んでみた。

BONIQボニークでの低温調理温度卵8

BONIQボニークでの低温調理温度卵7

 30分経ったら、冷水にとって急冷する。

 出来上がりはこんな感じ。

BONIQボニークでの低温調理温度卵9

BONIQボニークでの低温調理温度卵10

 65℃で作ったときより、黄身がしっかりしている。ねっとりの状態。

 白身部分も、65℃のときより固まっている感じ。

【メモ】晒しで包んでも問題なく作れた。ゆで卵のように黄身が真ん中に来るように混ぜたりしなくても大丈夫。白身は固まらないんだから、当然といえば当然か。

低温調理で卵を調理、今のところのまとめ

 たった3度の違いでも、出来上がりの温度卵の柔らかさはかなり違っていました。

 卵の入り具合でどっちが美味しいかというのは、人それぞれ好みによると思う。

 僕的には、そのままで食べるなら、68℃で、温度卵を使ってなにかのソース、ドレッシングにするなら黄身柔らかめの65℃で作るのがいいかな。

 黄身ドロドロのソースにするならこっちのなんちゃって温玉がいいかも。

低温調理した卵を使ったレシピ

 低温調理で調理した卵を使ったレシピです。

温度卵とサラダチキンの親子シーザーサラダ

温度卵とスモークチキンの親子冷製カルボナーラ

 
この卵の低温調理には、低温調理器BONIQ(ボニーク)を使っています。