「ブラックオリーブドレッシング」略してB・O・D(びーおーでぃー)というカッチョイイ名前のドレッシングです。

 「きみ、ちょっとBODを取ってくれたまえ」「うむ」などと嫁とふざけていたらBODがそのままこのドレッシングの呼び名になってしまいましたToT

 それはさておき、艸は酸っぱくていわゆる洋っぽい味のドレッシングがわりと苦手です。このドレッシングは酸っぱくて洋の味のドレッシングのタイプなのですが、何故か大好きです。

 大好きなので、夜のコースのサラダにもクリスマスのサラダにも多用していました^-^

 このドレッシングはレタスやサニーももちろん美味しいのですが、アンディーブ(チコリ)やエンダイブ、トレビスといったちょっと苦味のある洋野菜にもピッタリです。
ブラックオリーブドレッシング12

スポンサーリンク

ブラックオリーブドレッシングの材料

[材料]
《ブラックオリーブドレッシング》
黒オリーブ(種無し) 1缶分
マスタード      大匙2
アンチョビ      大匙1
ニンニクみじん切り  大匙1

塩           18g
黒胡椒       ミルで18回
グラニュー糖     7つまみ
味の素        7つまみ

赤ワインビネガー   150cc

オリーブオイル    100cc
サラダオイル     100cc

《サラダの材料》
サラダの葉っぱなど  適量

ベーコン       適量
基本のドレッシング  少々(無くても大丈夫です)
パルミジャーノ    適量
クルトン       適量
黒胡椒        少々


スポンサーリンク


ブラックオリーブドレッシングの作り方

 材料が変われば出来上がりの味も当然変わってきます
 これじゃなきゃダメだ~というわけでは全然ありませんが、このドレッシングにはけっこう色々な商品といいますか既製品といいますか、人が作ったものがたくさん入るので、艸が使っているものを参考までに書いておきますね。

 黒オリーブ・・・・・SOライプオリーブピテット
 マスタード・・・・・MAILLEマイユ ディジョンマスタード
 アンチョビ・・・・・SO アンチョビ
 赤ワインビネガー・・マイユ 赤ワインビネガー

です。オリーブオイルは、エクトラバージンですがあっさりとしたものを使っています。個性の強いエクストラバージンで作るよりはピュアの方がいいと思います。

 前にお友達に「パンにつけて食べる美味しいエクストラバージンオイルを探してるんだけど、何がいいの?」と訊かれたことがあります。
 艸は通の方が好む個性あふれる高価なエクストラバージンオリーブオイルがあんまり得意ではなくて(あくまでも僕の好みの話です。美味しいものもたくさんあると思います)、どちらかというとピュアオイルに近いものの方が使いやすいな~と常々思っていまして、ピュアオイルでもへーきでパンにかけて食べたりしているよ、と答えました。

 オリーブオイルの巨匠?に怒られちゃうかもしれませんが、けっこうさらっとしたオイルの方が日本人好みなんじゃないかな~と、思ったり。

 ではでは作り方です。ブラックオリーブドレッシングの材料です。
ブラックオリーブドレッシング

 種無しのブラックオリーブをフードプロセッサーにかけてみじん切りにします。
ブラックオリーブドレッシング7
 ニンニクやアンチョビもみじん切りにしたものが無ければ、オリーブと一緒に回します。もちろん包丁でみじん切りにしてもいいです

 ボールにオイル以外のものを入れて合わせます。
ブラックオリーブドレッシング2

混ぜると
ブラックオリーブドレッシング3
こんな感じですね。

そこにオイルを入れながら混ぜていきます。オリーブオイルとサラダ油は合わせておいて大丈夫です。
ブラックオリーブドレッシング4
だーっと入れながら、だーっと混ぜます。神経質に少しづつ入れる必要はありません。

はい、完成です!
ブラックオリーブドレッシング5

 使いやすい容器などに入れて冷蔵庫で保存すればかなり長持ちします。

 さてさて、BODの使い方です。もちろんそのままかけてもいいのですが、更にまろやかで複雑なお味にするためにおなじみのじゅーーーーっをします。

 まず、適当に切った適当な量のベーコンを少々のオリーブオイルで炒めます。
ブラックオリーブドレッシング6

 そこによく混ぜたBODを適量入れます。
ブラックオリーブドレッシング8
 このとき、火がフライパンの中に入らないように気をつけてください。火がドレッシングの油が引火すると焦げ臭くなってしまうので、火は消しておきます。

 そして、これは無くてもいいのですが、更に酸味をまろやかにするため「基本のドレッシング」を少し加えます。
ブラックオリーブドレッシング9
 全体を混ぜながら、弱火でちょこっとだけグツッとします。
 そのまま放置して粗熱をとります

 ボールに葉っぱ達を適当な大きさに切ったりちぎったりしておきます。
ブラックオリーブドレッシング10
 今回はレタス、サニーレタス、エンダイブ(ちりちのやつ)、アンディーブ(白い船型のやつ)、トレビス(赤いキャベツみたいなの)、紅芯大根(イチョウに切ってあるやつ)なんかを入れてみました。

 鍋のドレッシングが冷めたら、野菜のボールに様子をみながらいれ、パルミジャーノも振ります。
ブラックオリーブドレッシング11
 味をみて足りないようなら、ドレッシングを足し、パルミジャーノを振り、味を整え、よく混ぜて器に盛り付けます。
 ドレッシングの残ったボールにクルトンを入れて、ドレッシングをしっかり吸わせたものを上からパラパラ載せ、最後にパルミジャーノ黒胡椒をガリガリします。完成!!

 ドレッシングさえちゃんと作れば、あとはいくつか工程を省いてもそれなりに美味しくなると思います。

 葉っぱは何でもいいです。 茹でた海老とか、蒸した鶏とか豚とかとあわせるとボリュームのあるおかずサラダにもなります。見た目も派手になっていいですね~是非、お試しを!